じゃがいもの種類による特徴や使い分け方を教えて!

今は一口にじゃがいもといっても様々な種類が出回っていますが、その使い分けや特徴を知っておくことで料理がよりおいしくなります。
まずは男爵いも。
じゃがいもといえばこれを思い浮かべる方が多いかもしれません。
男爵いもの特徴は何と言ってもホクホクとした食感です。
煮崩れしやすい種類なので潰して使う料理に適しています。
ポテトサラダやコロッケ、マッシュポテトなどです。
次に、メークイン。
メークインは楕円形が特徴で、食感は男爵よりも粘りがありしっとりしています。
粘りがあるということは煮崩れしにくいということです。
このためメークインは煮込む料理に向いているじゃがいもです。
肉じゃが、カレー、シチューを作るのに向いています。
次に、キタアカリ。
キタアカリは男爵を品種改良したものです。
このためホクホクとした食感は男爵によく似ています。
しかし男爵よりも甘みが強いのが特徴で、その特性を生かしポタージュやマッシュポテトにするのがおすすめです。
もちろん、男爵のようにポテトサラダやコロッケにするのも良いでしょう。
ここで解説したのは3種類ですが、じゃがいもの種類はまだまだたくさんあり、その使い分けも多岐に渡ります。
その特徴や使い分けを知ることにより、レパートリーが増え、料理が楽しくなるかもしれません。

1img

ポテトサラダに向いているじゃがいもの種類は何?

スーパーや野菜の直売所などでじゃがいもを選ぼうとすると、種類がたくさんあることにびっくりしたという経験を持つ人もいるのでしょうか。
実は、じゃがいもと一口に言っても、その種類によって適している料理は異なるのです。
そこで、ポテトサラダを作るという時に適しているじゃがいもの種類はどのようなものがあるのでしょうか。
まず、これまでポテトサラダを作るという時に選ばれてきたのが、「男爵いも」です。
ホクホクとした食間で、風味が良いという特徴があります。
大きめにカットをしても、潰しても美味しさを感じることが出来るでしょう。
男爵いもを改良して作られた「キタアカリ」もポテトサラダに向いています。

男爵いもに比べて、煮崩れしやすいという特徴があります。
その為、あまり潰しすぎてしまうと、ペースト状になってしまいますが、ペースト状にすることで、これまでとは違った美味しさを味わうことが出来ます。
男爵いもよりも、甘みが強く、黄色っぽい色をしています。
出回っている量は少ないですが「ひかる」というポテトサラダ用として改良された種類もあります。
味は男爵いもに近いですが、男爵いもとは異なり、表面がつるっとしており、皮がむきやすいという特徴があります。

2img

赤い色の種類にはどんなものがあるの?

じゃがいもというと茶色のイメージがありますが、世界中には赤い色をした種類もあります。
いろいろありますが、例えば表皮だけではなく、果肉まで赤い種類のじゃがいももあります。
例えばドラゴンレッドは皮が赤、そして果肉は全体的にピンク色です。
赤い色の種類のじゃがいもの中でも最も味が良いとされるのがこのじゃがいもです。
他にはノーザンルビーは皮も果肉も全体的に赤いタイプで、加熱するとピンク色になる特徴があります。
ヴィシソワーズやサラダなどに向いているといわれています。

皮や果肉の色からもわかるようにアントシアニンが豊富です。
また少し変わったものではレッドとブラックの混ざり合った皮のじゃがいも「グラウンドペチカ」があります。
見た目がすごく目立ってインパクトもありますので皮ごと調理するのもおすすめです。
ただ皮だけではなく、果肉までレッドのものはそれほど多くはなく、皮はレッドでも果肉は黄色のものがほとんどです。
中には黄色にピンクやレッドが混ざっているものもありますが、全体的にレッドというものは数少ないのです。
種類はとにかくいろいろとありますので、入手できた時にはそれにあった料理を作ってみるのも楽しいでしょう。

3img

その他情報を紹介

じゃがいもの種類って思った以上にたくさんあるものなんですね。
これだけ種類が多いと、じゃがいもに夢中になってしまって、ついつい太ってしまったなんて事態に陥ることもあり得ます。
そうなったらダイエットにチャレンジということにはなりますが、一方で太りたいのに体重が増えなくて悩んでいる人もいます。
そういう悩みを解決するためには、まずは知識を獲得しましょう。